環境・社会貢献

トップページ > 環境・社会貢献 > 事業活動での取り組み > 日常業務の中での環境保全活動

事業活動での取り組み

事業活動 ワークスタイルを通じたエコ活動

日常業務の中での環境保全活動

事業活動と、環境負荷低減の両立を目指して。
LIXIL住宅研究所では、日常のワークスタイルを通じて持続性のある環境保全活動に取り組んでいます。
特に重点項目として掲げているのが「省資源・廃棄物削減」と「地球温暖化防止」の2 つ。持続可能な未来のために、オフィスの内と外で「毎日続けるエコロジー活動」を行っています。

省資源・廃棄物削減の取り組み

資材の無駄を排し、必要なもののみを購入する(Reduce)。事務用品のリユース(Re-use)をすすめる。社内の廃棄物の分別を徹底し、リサイクル(Re-cycle)を推進する。。エコロジーの基本である「3 つのR」を推進し、廃棄物の分別徹底やエコキャップの活動を通じて省資源と廃棄物の削減を図ります。

オフィスでの分別回収徹底
ペーパーレス化がすすんだとはいえ、各種図面や参考資料など、毎日様々な「紙」が使われているオフィス。私たちは、紙を「紙くず」ではなく「紙資源」として省資源に努めています。紙の種類が混在するとリサイクルが難しくなるため、種類に応じた分別回収を徹底しています。
紙資源の分別回収
OA用紙・新聞・雑誌と3種類に分別して回収、紙資源の
リサイクルをすすめています。
エコキャップ活動の推進
ペットボトルのキャップを、焼却するのではなく資源として再利用することでCO2の発生を抑制。さらにその売却益をNPOに寄付し、世界各地の子どもたちにポリオワクチンを送る「エコキャップ活動」を推進しています。
エコキャップ回収の成果
回収箱に集まったペットボトルのキャップ800個で1人分のポリオワクチンが寄付されます。
累計:約22500個(ポリオワクチン約28人分)
(2014年4月~3月間)
クールビズの推進
オフィス内の冷暖房を控えめにすることでCO2の発生を抑制するクールビズ・ウォームビズ活動を推進しています。
サマースタイル推奨キャンペーン
5月1日~10月31日まで、オフィス内では上着無し・ノーネクタイのサマースタイルを推奨。オフィス内の冷房使用を控えめにしています。

地球温暖化防止の取り組み

毎日の事業活動で、現場を回る営業車の使用やオフィスでの照明・事務機器の使用は欠かせません。しかし、社員の意識付けを通じてそれらの使用を控えたり、環境への負荷を低減することは可能です。アイフルホームはワークスタイルの見直しを通じて、社内に「ちいさなエコ習慣」を根付かせています。

エコドライブの推進
私たちは、環境ISO活動の一環としてフランチャイズ加盟店(FC加盟店)と共同でエコドライブ活動に取り組んでいます。
急発進・急加速をしない、アイドリングを避け、こまめにエンジンを切るなど、運転者の心がけで簡単にできる活動ですが、会社挙げての「習慣」となることで、その成果は少しずつ積み重なっていきます。
その動きを進めるため、2009年11月から翌2月にかけてFC加盟店対象のエコドライブコンテストを実施しました。
エコドライブ宣言
エコドライブ推進ステッカー
エコドライブコンテスト
アイフルホームFC加盟店が競うコンテストを通じてCO2の排出量低減と意識の向上に努めています。
オフィス内での環境保全活動
LIXIL住宅研究所本部では、電気・紙の使用量削減を中心とした温暖化防止施策を推進しています。
昼休み中の消灯、パソコンなど事務機器類のこまめな節電など一つ一つは小さな取り組みですが、「毎日続ける」エコロジー活動を通じて、少しでも地球環境の保全に貢献したいと考えています。