環境・社会貢献

トップページ > 環境・社会貢献 > 事業活動での取り組み > 地域とのコミュニケーション > 「江東区民まつり」に出展

「江東区民まつり」に出展

第30回江東区民まつりにて「エコ優秀賞」受賞

2012年10月20、21日「世代をつなぐ心のふれあい」をテーマに開催された、東京都江東区主催のイベントに昨年に続いて出展。住宅を立てる時に出る廃材を使って家型の写真立てを作る幼稚園から小学校低学年の子どもが親子で参加できる環境ワークショップをを開催しました。
当日は、2日間で101名もの子ども達にワークショップを体験していただけました。
また、区民まつり出展団体の中で特に環境にやさしい取組をした団体に贈られる「エコ優秀賞」を受賞しました。
今回は住宅を建てる時に出る廃材を利用した家型の写真立てをつくるワークショップを実施したのですが、子どもたちの感性豊かな発想力には驚きと感動があり、私たちも勉強になります。ワークショップを通して、未来を担う子どもたちが感性豊かになれるよう今後も活動を継続していきます。

廃材で写真立てを作る環境ワークショップを開催

江東区より「エコ優秀賞」を受賞

2015年10月17日、18日に開催された「江東区民まつり」に出展。世代をつなぐ心のふれあいをテーマに、開催された区民まつりは産官学の各団体が出展する江東区採打球のお祭りです。都立木場公園をメイン会場に各種イベントが開催されました。LIXIL住宅研究所は、子どもたち向けのワークショップブースを出展。近年のワークショップでは人気の高い、住宅でも使われるモザイクタイルを使って、木製のフォトフレームをデコレーションする「モザイクタイルのフォトフレーム」のワークショップを開催。当日は、たくさんの親子の方に参加いただきました。

株式会社LIXIL住宅研究所は、2014年10月18日(土)~19日(日)に、地域貢献を目的に、都立木場公園で開催された「第32回江東区民まつり」に出展し、「オリジナルフォトフレーム」をつくるワークショップを行いました。

「江東区民まつり」は、毎年この時期に行われる区内最大級のお祭りです。
LIXIL住宅研究所は、今年で4回目の参加となり、参加者の中にはリピーターも多いため、メニューを一新。LIXILのモザイクタイルを使用した「モザイクタイルのフォトフレーム」づくりを出展したところ、2日間で100人が参加。
実施したワークショップは予約制でしたが、午前中の段階で全ての予約が埋まる人気となりました。当社が行うワークショップは“子ども限定"で行っていますが、今回のワークショップでは「シニアも対象にしてほしい」、とのご要望も頂くなど良い反響を多くいただき、大盛況のイベントとなりました。

「モザイクタイルのフォトフレーム」づくりは大好評!

子供たちは思い思いデザインで飾りつけ

出来上がった「モザイクタイルのフォトフレーム」

第31回江東区民まつりへの出展

2013年10月19日、20日に開催された「江東区民まつり」に出展。
世代をつなぐ心のふれあいをテーマに、家型にカットした住宅の端材をベースに、フェルトやビーズを貼り付けてつくる「おうちの写真たて」と、フェルトを使ってかおりを楽しむ「ハートのポプリケース」を作る環境学習ワークショップを開催。
当日は、あまり良い天候ではなかったものの、たくさんの親子の方に参加いただきました。

プレカット端材を使って作る「おうちの写真たて」

ハートのポプリケース

ブースはふれあい広場の「エコ・環境ゾーン」に出展

第29回 江東区民まつり 中央まつりへの出展
2011年10月15、16日、「世代をつなぐ心のふれあい」をテーマに、東日本大震災の復興支援も兼ねた、LIXIL住宅研究所本社所在地の東京都江東区主催のイベントに協賛。プレカット端材を使って作る「おうちのペーパーウェイト」のワークショップを開催。幼稚園・保育園から小学校低学年の子どもを中心に、162名がペーパーウェイト作りに参加、自分で何かを作る楽しさを通した環境学習を体験しました。

会場の木場公園 ふれあい広場の「エコ・環境ゾーン」に出展。