職種と人を知る

ビルダー経営に必要なすべてをそれぞれのポジションから専門的に支援。どの職種も、未来に続く住まいと暮らしを見つめます。

FC 加盟店オーナーとともに経営課題の解決と経営計画達成を目指すコンサルティング、新技術や暮らし方を考え付加価値を高める住宅商品の開発、様々な情報を活用し効率的に経営・営業・設計などを支えるITシステムの構築、スタッフが存分に能力を発揮できる総務業務などの職場環境のサポート。

さらにLIXILグループのメリットを生かしたブランド戦略と広報活動、必要とされるあらゆる建築資材の調達ルートの整備など、私たちはそれぞれのポジションから専門的にFCに加盟された工務店やビルダーをバックアップします。

これらの職種に共通して求められるのは、FC加盟店とともに「お客様が求める住まいづくりを誠実に進める姿勢」と「未来に続く暮らしを創造する情熱」です。

各スタッフは、それぞれの専門分野から住まいづくりを考え、連携して仕事を進めます。 フィールドカウンセラー 商品開発 広報・宣伝 資材購買 情報システム開発・推進 スタッフ部門
FC加盟店の経営コンサルタントとして加盟店の問題点を戦略的に解決。
  • FC 加盟店の相談窓口であり、FC 加盟店を直接サポートする当社の顔です。
  • 定期的にFC 加盟店を訪問し、経営者、営業、現場担当者などの悩みや問題点を聴き取り、解決策をアドバイス。
  • その声を本部に持ち帰り、FC 加盟店が当社ブランドの住まいづくりを地域で広めていく方法、効率的に業務を推進できる仕組みなどを考案。
  • 様々なFC 加盟店の成功事例を蓄積し有効に活用。FC 加盟店の社長と同じ視点で他社に先駆けた戦略的な経営を一緒に考えます。
自分たちが手がけた商品が、全国のお客様の夢の住まいを形にするベースとなっていく。
  • 構造、内装、デザインなどの部門ごとに、設計や仕様変更を担当します。
  • 既存商品に新たな魅力を加えたり、未来の住まいを先取りしたコンセプト商品の開発などを行います。
  • FC 加盟店がお客様に営業しやすいように、市場動向やコスト面、合理的に施工できる方法なども考慮。
  • 現場でスムーズに設計・施工できるよう技術マニュアルを作成し、技術的な問い合わせもケアします。
あらゆるメディア、ツールを活用し、全国のお客様にブランドイメージを発信。
  • テレビ、新聞・雑誌、ネットなどのメディアを利用し、当社のブランドイメージをより魅力的なものへと育て発信する広報・広告・宣伝活動を行います。
  • 最新の市場動向を調べるとともに、FC 加盟店やフィールドカウンセラーから実際の現場の状況、お客様の反応を聞き、より効果的・戦略的なアプローチを企画します。
  • 外部の様々なエキスパートと協力し進めていく、住まいづくりとは一味違う「ものづくり」の楽しさがあります。
全国のFC加盟店が必要とする資材を簡単・スピーディに供給できる仕組みを構築。
  • 屋根、壁、床などで膨大な種類がある住宅建材。開発メーカーや取り扱い会社で物流方法や注文方法が変わることもあり、FC 加盟店は注文するだけでも大変です。
  • そこで購買部が必要な資材を一括購入。FC 加盟店は、必要な時に必要な数だけ高品質な資材を、市場よりもメリットある価格で購買部から入手できるようにしました。
  • 購買部は、各商品の知識はもちろん、メーカーや販売代理店、物流会社などの特色を把握。丁寧に交渉を重ね、資材ごとによりよい供給の流れを築きます。
営業・設計・施工など様々な業務の効率化とクオリティ向上を最新のIT 技術で支援。
  • 住まいをデザインするCAD、工務進捗の管理ソフト、見積りや経費の計算ソフト、資材の発注管理ソフトなど、FC 加盟店が便利に活用できるIT ツール を開発・提供します。
  • 例えば「設計が使用する本格的なCAD ではなく、営業が使いこなせる簡易CAD があれば、お客様への最初のご提案と見積りが素早く効果的に行える」そんなリクエストにも応えます。
  • 大切なのは、FC 加盟店の業務を正しく理解し、課題を発見・解決していくパートナーとしての視点と発想。時には外部の協力会社と連携し、開発を進める管理能力も必要です。
気持ちよく働ける環境・仕組みをつくる、会社の成長を支える要のポジション。
  • 人事総務・経理などの会社運営の根幹をサポートする様々な業務を担うのがスタッフ部門です。
  • 男性も女性も若手もベテランも、全社員が快適に働くことができる環境、部門を問わずに一人ひとりの頑張り、業績をフェアに評価できる仕組みなどをつくります。
  • 自ら課題を発見し解決していく、能動的・積極的な姿勢でよりよい職場づくりに挑みます。
  • 私たちが仲間を支えることで、会社をより良く成長させていく、そんな誇り持ち取り組んでいます。

このページのトップへ