FC加盟店の成長をお手伝いしながら実は私自身も、成長させていただいています(笑)。

フィールドカウンセラー(加盟店経営指導) FC 推進部 渡辺 健一 理工学部・環境建設学科:2009年入社

先輩に質問

Qこの会社を選んだ理由は何ですか?
A他社にはない3 つの魅力で、人生を豊かに設計できると思いました 人と密接につながる建築に興味があり、メーカー・建設会社・不動産会社など、建築に関わるあらゆるジャンルの会社に就職活動をしていました。その中で当社は「住宅フランチャイズ」という他にはない先進的な住まいづくりの仕組みを採用している点、「キッズデザイン」という誰にでもやさしい住まいを創造している点に魅力を感じて、入社を決めました。あともう一つ決め手となったのは、住宅関連の会社なのに「土日・祝日が休み」であること。ここでならプライベートをしっかり確保でき、ON もOFF も充実した人生を設計できると思いました。同業他社に就職した大学の先輩や仲間とたまに飲みに行ったりしますが、うらやましがられますよ。
QFC 加盟店経営指導は、他社で聞かない職種ですが…
AFC 加盟店の相談役でありFC 本部とのパイプ役、FC 本部ならではの職種です。 当社で「フィールドカウンセラー」と呼ばれるこの職種は、その名の通りFC 加盟店経営の相談役。
FC システムを採用する当社ならではの職種です。FC 本部である当社は、商品や営業ノウハウ・資材ネットワーク・技術マニュアルなどを開発しています。この様々な仕組みやノウハウを「各FC 加盟店の状況や地域性に合わせてアレンジし、最大限活用して業績向上を図ること」が私の役割です。
FC 加盟店オーナーだけでなく、営業や工務などFC 加盟店の社員さんと直接お話をしていろいろな課題を抽出します。どうやって展示場にお客様を集客し契約に結びつけていくか、設計や施工現場で問題はないか、市場動向やお客様ニーズの変化を経営方針や計画にどう反映させるかなど。様々な課題をFC 加盟店と一緒に考え、マニュアルにはない最適化を提案していきます。こうしたFC 加盟店ごとの状況は、フィールドカウンセラーを通じて全国から情報として集積され、商品やマニュアルの改訂、FC 全体の方針などに活用します。私の仕事はFC 加盟店の相談役であり、いわばFC 本部と各加盟店のパイプ役でもあるわけです。LIXIL 住宅研究所ではこのような「フィールドカウンセラー」が約30 名いて、日本全国をブロックに分け各エリアを担当します。私は、アイフルホームの長野・山梨・愛知・岐阜で計13 店を担当し、各店に少なくても月に1度は訪問します。ですので、おおよそ勤務日の半分くらいは出張していることになりますね。
Q大変そうに感じますが、この仕事の楽しさとは?
A担当するFC 加盟店の業績アップは、自分のことのようにうれしい! 出張が多い職種で、在社時も週1の部内の定例会議をはじめ他部署スタッフとの連携業務などもあり大忙し(笑)。でもそれ以上に楽しいことがたくさんあります。当社の中では実際に住まいを建てていただくお客様にもっとも身近な職種ですし、FC 加盟店はじめいろいろな方と出会う機会も多い。
なによりFC 加盟店の社員の方々と一緒になって当社のブランドをその地域で育て、地域のお客様に喜んでいただきながらFC 加盟店とともに成長もできる。FC 加盟店と一体感が生まれやすいこの仕事は、私にとっては天職かも(笑)。経営「指導」という職種となっていますが、FC 加盟店の経営者は私より知識も経験も断然に豊富。指導というよりも、むしろよき参謀として一緒に悩み、苦しみ、問題解決に取り組むようにしています。ですから業績アップにつながった時には、自分のことのようにうれしくなりますね。こうしたFC 加盟店の成功事例は、全国のFC 加盟店でも参考にできるのです。ひとつの成功や良い知恵をみんなで共有できるのがFC システムの良さだと思います。
FC 本部では、全国のFC 加盟店の情報を集約し、様々なノウハウを蓄積しています。これを活用し、IT や開発、購買など各分野の専門家と連携して、経営者に寄り添いながら一つひとつの課題を解決していくことこそ、FC 加盟店の成長につながると考えています。
Q今後の目標、やりたいことはなんですか?
A家づくりの最前線で、知識や経験の幅を広げ、加盟店とともに貪欲に成長したい。 住まいづくりの最前線で、知識や経験の幅を広げ、FC 加盟店とともに貪欲に成長したい。
私は、入社当初、研修出向という位置づけで直営店に配属となりました。配属を知らされた時は正直驚きましたが、直営店で5 年間かけて、営業・設計・施工管理、と住まいづくりのひと通りの仕事を経験できたのは、いま振り返ると貴重な経験だったと思います。自分の今の仕事であるフィールドカウンセラーは、この経験がなければやはり難しかっただろうと思いますし、当社の住まいづくりの良さも理解できましたから。自分の住まいも自ら設計してアイフルホームで建てたんですよ。もちろん当時は仕事を覚えるのに精一杯で、周りからアドバイスをもらったり迷惑をかけたりもしましたが納得できる住まいにできました。フィールドカウンセラーとして、FC 加盟店に一番近い存在として住まいづくりの現場の最前線にいられる喜びは何にも代えがたいものです。出張も多く忙しい日々が続きますが、日々勉強であり新鮮な毎日です。FC 加盟店の成長をお手伝いする職種ですが、実は私が一番成長させていただいているのかもしれませんね(笑)
これからもより幅広い知識を習得したり、経験の幅を広げたりして、FC 加盟店のみなさんと一緒に成長していきたいと思います。

OFFの楽しみ

子どもが生まれ、もう可愛くてたまりません。
すっかり親バカです。出張の多い仕事ですが、休日は子育てに時間を使い、妻からは一応新米パパとしての合格点をもらっています。住宅関連の会社で土日がしっかりと休みというありがたさを、いま心から実感しています(笑)。

ONE DAY

基本的な1日の仕事の流れ

  • 7:30 新幹線で長野県へ 水曜日は在社。月火・木金出張となる週が1ヵ月の半分くらいになることがあります。
  • 10:00 FC 加盟店到着
    • 社長、店長と面談
      (計画に対する現業績の確認、
      今後の実施活動を明確にする)
  • 12:30 昼食
  • 13:30 社長と面談再開 FC加盟店の社長との面談ではFC本部や外部からの最新情報を説明。
    商品・資材・営業ツール・各種申請など内容は多岐にわたります。
  • 16:00 全体会議
  • 17:00 営業会議
    (各営業担当の状況確認。ヒアリングを
    交えて契約獲得に向けてフォロー)
  • 19:00 明日訪問するFC 加盟店の近くのホテルへ移動
  • 20:00 本日のまとめを記録し上司に報告
  

上司からひとこと

FC推進部 課長 大島 一幸

彼の人となりと経験を生かしたアドバイスが、経営者の心を動かし成功につながっている。

渡辺君には、FC 加盟店に出向して住まいづくりを1から実践してきた貴重な経験があります。ですから現場の苦労も楽しさもよくわかり、FC 加盟店の経営者や営業、設計、施工管理者と共感できる所が多く、アドバイスも適切だと評価が高いですね。でも、それも彼の人となりがあってこそ。自分は本部の人間、カウンセラーだという感覚で接していては、いくら正しいことを伝えても相手の心は動かないと思います。渡辺君の良いところは、いつも相手の気持ちになって物事を考えることができる点ですね。
時にはFC 加盟店の視点で、またエンドユーザーの視点で、いま何を行うとよいのかをアドバイスしていくので説得力が違う。だからFC 加盟店の業績アップに着実につながるお手伝いができているのだと思います。

このページのトップへ