そこに住む人の生活スタイルを思い描きもっと快適で便利な空間、機能をデザインする。

商品開発 FC本部 商品統括部 商品部 小倉 あずさ 家政学部・住居学科:2013年入社

先輩に質問

Q女性が建築の世界を目指すのは大変でしょうか?
A男性社会のイメージが強いですが、この会社に男女差なんてありません。 就職活動では、会社説明会だけではなく住宅展示場やショールームなどもたくさん見に行きました。そこで「建築業界は男性社会、女性が活躍するにはどこか見えない壁がある」そんな雰囲気を感じました。大学でバリアフリーを研究し、資格も取得しましたが、本当に生かすことができるのだろうかと不安になっていた時、出会ったのがLIXIL 住宅研究所です。ここには総合職、一般職という括りがなく、いろいろな部署の第一線で女性がイキイキと活躍しています。そんな姿を見て「ここでなら私も!」と入社を決意。配属された商品部でも女性の先輩が多いことに驚きましたし、時には女性の方が強い?と思うこともあります(笑)。それくらい男女の差がなく、各人の適正や頑張り、希望に応じて幅広くチャンスを与えてくれる会社ですよ。
Q 今、どんな仕事を担当しているのですか?
Aモデルチェンジに合わせ、より使い勝手の良い収納をデザイン中。 今、私は、アイフルホームをはじめとするLIXIL 住宅研究所が運営するブランド商品のモデルチェンジなどを行う部門で、間取りや外観デザイン、資材の設定といった商品の開発業務から、図面や見積り、施工マニュアルの作成といった加盟店の営業、施工をサポートする業務にまで幅広く携わっています。現在任せていただいているのは、モデルチェンジする商品の収納部のデザインです。これまでの収納部の基本仕様をもとに、より使い勝手の良い収納にするために日々試行錯誤しています。
Q商品を開発する際に気をつけていることは?
Aそこで生活するお客様の姿を思い描き、何が必要かを考えます。 例えば、4人の家族構成で小・中学生の子どもがいる場合だと、どのような生活になるのか。兄弟、姉妹、お父さんとお母さんの年齢や趣味など、いろいろなケースでの暮らしを想像しながら、本当に喜んでいただける使いやすい収納とは何かを追求しています。今の部署に配属される前、約2 年間FC 加盟店で現場を体験させていただきました。そこでたくさんのお客様から住まいへのこだわりや想いを聞けたこと、実際にそれをどうやって形にしていくかを住まいづくりの現場で直接体験できたことは、私の貴重な財産になっています。
Qやりがいを感じるのはどんな時ですか?
Aお客様、FC加盟店の力になれたと感じた瞬間です。 私たちの仕事でもう一つ大切な業務に、FC 加盟店からの問い合わせ対応がありますが、ここでも現場経験が生きています。新人の営業さんや私より何倍もキャリアの長いベテランの方などから、毎日様々な問い合わせや相談を受けます。その内容は資材、工法、制度、法律など多岐に渡り、中には私も初めて聞く内容もあり一緒に頭を悩ませることも。そんな時は、細かく調べ上げて解説しますが、言葉だけではわかりにくい場合は資料も作り、理解いただけるまで何度でもやりとりします。私が心がけているのは「現場ではどのような状況なのか」をイメージし、できるだけ現場目線でお答えするようにすることです。その結果、微力でもFC 加盟店の方の力になれたと実感できた瞬間、とてもうれしくなりますね。
Q今後の課題や目標を教えてください?
A自分のやりたいことを見失わず、自己主張していきたい。 初めてひとりで業務を任された時、目の前の問題で頭がいっぱいになり、つい弱音を吐いてしまいました。とにかく目の前の仕事をこなす、それしか見えなくなっていたのです。そんな私に先輩は「お客様に、FC加盟店に何をしてあげたいのか、もっと自分の思いを主張して仕事をした方がいい」とアドバイスしてくれました。その時、仕事の目的や自分の実現したいことを再認識することで、やりがいも生まれ、それが困難を乗り越える糧になると理解することができました。でも仕事で自己主張するのはなかなか大変です。口に出す限りは、最後までやり遂げる自信と責任を持たなければなりません。今、私がやってみたいのは、インテリアデザインです。そして「私だからできた、私にしかできない」そんなデザインをできるようになりたいと考えています。でも考えているだけではダメ。これからは、それをしっかりと自己主張していきます。やりたいことを実現するために、もっといろいろなことを吸収して積極的に前に踏み出す力、問題を解決できる力を身につけたいと思います。
ONE DAY

基本的な1日の仕事の流れ

  • 9:00 始業
    • メールチェック
    • 資材の検討 新しい商品に取り入れたいと考えている資材の情報をメーカーごとに整理。性能と価格のバランスを比較検討していきました。
  • 12:30 昼食
  • 13:30
    • 問い合わせ対応 電話当番の日は、FC加盟店からの対応に追われ、あっという間に時間が経ってしまいます。
  • 16:00
    • 新商品の打ち合わせ
    • 担当ごとの進捗報告
  • 18:30 帰宅
  

OFFの楽しみ

先輩方を見ているとONとOFFの切替が上手です。私も見習って仕事に集中できた分、OFFはしっかり楽しむようにしています。仕事帰りにはホットヨガのスタジオに通っていますし、休日には大好きなアイドルのライブなどにも出かけます。

上司からひとこと

商品部 グループリーダー 山中 博志

どんなに難しい仕事も投げ出さない、そんな彼女のやる気に応えたい。

第一印象は大人しい物静かな感じでしたが、彼女には内に秘めた強さがあります。例えば、FC加盟店からどんなに難しい問い合わせが来ても、すぐ先輩に頼ったりしない、決して投げ出さない、自分でとことん調べて相手が納得するまできちんと対応しやり遂げています。どんな仕事も丁寧に熱意を持ってこなしている姿は頼もしいですね。また、FC加盟店で現場を見てきた彼女には、他の者にはない経験値があります。だからFC加盟店と本部の開発の両方の視点を持って、開発を進めることもできると期待しています。なかなか自己主張しないタイプですが、そんな彼女が勇気を出して自らやりたいと望むことなら、どんどん挑戦できるようにバックアップしてあげたいですね。

このページのトップへ