経理はすべての部署とつながっているから当社の良いところがすみずみまで見えます。

スタッフ部門 経理部 沖津 紗穂 経営学部・経営戦略学科:2009年入社

先輩に質問

Q経理と言えば、電卓片手に数字と格闘する仕事?
A各部署の仕事の成果を、数字で正しく示し評価する大切な役目です。 電卓片手にというそのイメージはほぼ合っています(笑)。でも、勘違いしてほしくないのは、経理=数字だけの仕事ではないということです。各部署が頑張って出した仕事の成果が数字であり、私たちは決算書という枠組みの中で、会社のルールに則り正しく評価されるようにサポートしていきます。ですから、私たちが見ているのは、書類や数字だけでなく、その先で奮闘している社員の姿。各部署の仕事の内容を理解できてくると、経理の仕事はより面白くなりますし、やりがいもさらに生まれてきますよ。
Q具体的には、今どんな仕事を担当しますか?
A多くの学生が「?」だと思いますが、専門部分は入社してからで大丈夫。 私が担当していたのは、債権債務管理、固定資産管理、子会社決算業務など、月々の決算業務です。四半期決算ではグループで作成するIFRS 決算の担当も行います。こうお話しすると大概の学生は頭の中が「?」だらけになると思いますが、安心してください。私も最初はわからないことばかり。それでも先輩たちにリードしていただきながら、一つずつステップアップして次第に仕事をこなせるようになっていきました。新人のみなさんのことも1からしっかり教えてくれますよ。
Q他部署の方とも打ち合わせをするのですか?
A時には間違った処理を指摘したり、相談に乗ったりもします。 各部署から届く新しい企画や取り組みを、経理の視点で評価するのも大切な仕事です。その際、間違って処理した点やもっとこうした方が良い点などを細かく指摘したりもします。口うるさい経理だと煙たがられたりもしますが、その一言で後工程が凄く楽になったりしますし、本人にきっと役立つと信じてアドバイスしています。「この数字はどう処理したらいいのか?」と問い合わせを受けることもあり、一人ひとりしっかりと相談に乗って適切に処理できるように対応します。
Qこの仕事の面白さ、やりがいとは?
A様々な角度から住まいづくりに携われるのは経理の特権。 当社は、FC ビジネスという普通のハウスメーカーとは違ったスタイルで、住まいづくりに取り組んでいるユニークな会社です。例えば、LIXIL グループのブランド力やスケールメリットを活かして、日本の住宅づくりの最先端の仕事に携わる部署。また、その一方で全国各地のFC 加盟店と手を組んで仕事を進め、間接的でもエンドユーザーのみなさんのお役に立っていることを実感できる部署など、ハウスメーカーにはない職種もいろいろとあります。そんなたくさんの職種・部門とすべてつながっているのが経理ですから、私たちはいろんな観点・立場で住まいづくりに関わることができます。いろいろな経験を積む中で、この仕事の面白さをより実感できるようになると思いますよ。
Q女性だけのプロジェクトにも参加していたと聞きましたが?
A本人にやる気があれば、いろいろなチャンスをくれる会社です。 私が参加していたのは、FC加盟店の展示場、モデルハウスの価値向上を女性の視点から改善していくため、部門の壁を取り払い女性社員を集めて結成された「HSS PJ」というプロジェクトチームです。このプロジェクトは2013年にスタートし、これまで5 つの展示場などの改善を行ってきました。経理以外の仕事もはじめて大丈夫なのかなと最初は思いましたが、心配するよりもまずは行動。それに当社は、住宅業界では珍しく土日がしっかり休みの会社ですから、リフレッシュもばっちりできます。なにより仕事が楽しければ、苦労なんて感じないものです。この活動を評価され、2016 年春にスタッフ部門ではじめてミラノサローネという家具の見本市の視察にも参加できました。視察では、最新のキッチンや家具を見るだけではなく、これらの展示方法や看板などでのアプローチの仕方なども学習。この経験を活かし、FC加盟店の展示場の新たな改善アイデアの提案もしたんですよ。
ONE DAY

基本的な1日の仕事の流れ

  • 9:00 始業
    • メールチェック
    • 入金、支払確認
    • 課題の対応 ルーチンワークをしっかりとこなす大切さを実感。どんな仕事もこの積み重ねがあってこそ、新たな提案などを行うことができます。
  • 12:30 昼食
  • 13:30
    • HSS PJの会議
      (FC加盟店に提案する内容をまとめる) 本来の業務以外の仕事ですから同僚に迷惑をかけたくはありません。でも、仲間に任せる信頼関係も大事だと、上司よりアドバイスを受けています。
  • 16:00
    • 打合せ内容の整理
    • スケジュール調整
  • 18:30 帰宅
  

OFFの楽しみ

休日には同期の仲間や学友と食事などへ。最近は、インテリアショップを巡ったりと趣味と仕事がリンクしてきた感じです。もう一つの趣味はサッカー観戦。当社は鹿島アントラーズのスポンサーなので、たまにVIPルームでの観戦なんてうれしい特典もありますよ!

元上司からひとこと

経理部 課長 石神 道夫

いつも自分らしく前向きに、「仕事を楽しむ」姿勢を忘れずに。

沖津さんは、経理の専門知識やノウハウをしっかりと身につけ、新人の指導も立派に行えるまでに成長してくれました。彼女は、経理部の仕事以外にも「女性によるプロジェクトチーム」のメンバーとして活躍。二足のわらじは大変だったと思いますが、どんな時も明るく仕事を楽しんでいます。その姿勢は、女性、男性関係なく新入社員に良い影響を与えてくれるはず。当社にはいろいろな職種がありますが、どの仕事に就いても、自ら工夫し行動する、仕事を楽しんでいく、それは共通して必要なことです。沖津さんには、新しい部署でもチームの中心的メンバーの一人として「私がみんなをリードしていく」そんな自信も持って活躍してほしいと期待しています。

このページのトップへ